Know how Dr.英美子の医療美容教室

[Vol.02]汗とニオイ~セルフケア編~


汗やニオイの対策・対処法はさまざまにありますが、今回はセフルケアについてです。

制汗剤 ワキ汗パッド ツボ
・拭き取り・スプレー・直接肌に塗り込むスティックタイプの3種類。

・スティックタイプが一番持続効果があるものの、数時間程度と一時的な効果である。

・汗をかいた直後の拭き取りにはスッキリした感じを味わえ気持ちよい。

・汗染みが目立ちやすい服装のときでも安心。

・予備を持ち歩けば、大量の汗をかいた後でもつけ直しができる。

・乳首の少し上に汗を止めるツボがあるということで専用ベルトも販売されている。

・合谷(ごうこく)は熱を鎮める効果により多汗症や汗やほてりに効果的。

・復溜(ふくゆ)は体内の水分をコントロールし発汗抑制の働きがある

・身柱(しんちゅう)は熱を鎮める効果で火照りを感じる人に効果的です。
衣類 洗濯
消臭効果のある下着や靴下を着用するとよい。また、湿度の高い時期はクローゼットやたんすには除湿剤を使いましょう。 除菌・抗菌効果のある洗濯洗剤を使用する。
食生活
ニオイを発生しやすくする植物性たんぱく質や脂肪が多く含まれる肉類よりも、野菜中心の食生活が良い。

Dr.英美子のワキガ・多汗症
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します