SKIN CARE Post byDr.Emiko-Mar 19, 2014
[Vol.06]花粉対策には、ノーメイクよりうっすらメイクが◎

少しずつ暖かくなってきたこの時期、多くの方が気になるお悩みと
いえば、やはり花粉ではないでしょうか。
くしゃみや鼻水、目のかゆみなど様々な症状がある中、肌荒れを
起こしてしまうという方も少なくないようです。

そんなとき、メイクをするか迷われることと思いますが
花粉をお肌に直接触れさせない意味である程度のメイクをすることをおすすめします。

例えば、通勤時には日焼け止めクリームくらいにとどめておきます。花粉がお肌についたままだとさらに肌荒れを招きますので
出社後に顔を洗い、その後メイクをすると安心ですね。
アイシャドウ、ファンデーションは、できればさらっとした
パウダータイプのものがおすすめです。
外出後や帰宅後はすぐに顔を洗い、メイクごと花粉を落としましょう。

スキンケアは、ご自身に合ったいつものケアで大丈夫です。
カサカサが気になる部分は丁寧に保湿してください。
ただし、あまりにも肌荒れがひどかったり、
いつものスキンケアで悪化する場合には、医師に相談しましょう。

さて、鼻をかみすぎて鼻の下がヒリヒリしてしまった…そんな経験がきっと誰にでもあるのではないでしょうか。
鼻をかんだ後にティッシュで鼻の下をこすらず、ちょっとおさえるようにすると荒れにくくなりますので、気をつけてみてくださいね。
ティッシュの替わりに濡らしたハンドタオルやガーゼを使っても
よいかもしれません。

花粉対策の基本は、体への付着、体内への侵入を少なくすること
そして室内に持ち込まないことです。できる範囲で気をつけつつ
花粉の季節を乗り切りましょう。

Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します