SKIN CARE Post byDr.Emiko-Dec 18, 2013
[Vol.04]シミのケアは、秋冬シーズンが狙い目

女性のお肌のお悩みで多いのが、シミ。特に30代頃からシミを気にし始める方が増えてくるようです。

シミには様々な種類がありますが、そのほとんどが肌の奥にあるメラニンと呼ばれる色素の活性が原因です。メラニンは紫外線を浴びると生成され、健康なお肌であれば皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)によって外に排出されますが、ターンオーバーのサイクルが乱れたり、メラニンの生成が排出を上回ったりするとシミとして目に見えるようになります。

シミの予防は紫外線対策がいちばんですが、すでにできてしまったシミをセルフケアで薄くするのは残念ながら難しいです。
シミへのアプローチや美白をうたったスキンケア商品はたくさんありますよね。けれど、シミを予防したり、今あるシミをこれ以上濃くしない作用はあるかもしれませんが、シミをキレイに消すまではできません。これは、市販の化粧品ではシミにアプローチする成分の濃度が制限されているためです。

美容皮膚科ではレーザーや光での治療を行っているところもあります。もしこれらの治療を考えているなら、紫外線が春夏に比べて少ない秋冬シーズンがおすすめ。ただし、先にも述べたとおりシミにも様々な種類がありますので、どのタイプのシミなのかを診断でき、適切な治療を行えるクリニックが安心ですね。 ちなみに、薄いシミであれば外用薬を正しく継続的に使うことでキレイになるケースもあります。

シミは自己診断やセルフケアが難しいお肌トラブルです。気になる方は、美容皮膚科に相談してみると良いかもしれません。


Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します