Profile旧サイトコンテンツ

☆ 秋・冬のお肌の手入れ ☆

今年も暑い夏でしたね。皮膚にとって良くない紫外線も夏の間はとても強く、夏の終わりの肌は荒れがちです。強い紫外線に対抗する為に、角質が厚くなっているのです。
秋になると、厚くなった角質が元の厚さに戻っていく過程で、余分な角質がはがれザラザラした肌になりがちです。荒れた肌なので、抵抗力も下がってしまい、かぶれたりすることもあります。

本来、秋はお肌にとって一番過ごしやすい季節です。でも、夏のダメージを上手く取り去ってあげないとせっかくの美肌の秋が無駄になってしまいます。
まずは、ビタミンやタンパク質をきちんと取って、ストレスを溜めないといった基本をおさえながら、自分に合った洗顔や保湿を心がけるということが大切です。

それでも、なかなか『くすみ』が取れないという時は、ケミカルピーリングやイオン導入でお肌のターンオーバーを改善させてあげると良いと思います。
やはり新陳代謝が衰えてくると、いつまでも角質がはがれずに皮膚表面に残りやすくなり、それがシミやくすみの原因になっていることが良くあります。

私もたまにケミカルピーリングをし、毎日ビタミンCのイオン導入でお肌のリフレッシュを心がけています。

冬の寒さに備える為にも、秋のうちからしっかりスキンケアを行いましょう。
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します