Profile旧サイトコンテンツ

☆ 美肌を考える ☆

私が大学病院を出てクリニックを開業し、そろそろ1年半になります。女性にとって身近なクリニックにしたいと思いつつ、何となく敷居の高い『美容外科』という分野の中で、女性の自然な美しさ、特にお肌のケアというところに注目して診療に取組んできました。

女性の美しさにもいろいろありますが、やはりコンプレックスをなくし内面から自信を持つという部分がとても重要で、そこに『お肌』というものが深く関係しているように思います。
「色の白さは七難隠す」と言われる(古いかな?私いくつ??)ように、肌のトラブルを解消することで自信と輝きを取り戻すという人はとても多い。私だって、お肌の調子が良い時は、自然と自信が湧いてきます。

お肌と精神的な状態というのは、とても相関していて、ストレスが溜まるとお肌も荒れるというのは本当です。精神的な病気の人にはお肌のトラブルを抱えている人が多いのも事実です。
例えば、「にきび」。ストレスが溜まると出来やすくなって、出来るとそれ自体もストレスになってしまう。悩みが悩みを呼んで、きちんと処置をしていかないと、治療が難しいニキビ痕という問題も出てきてしまいます。

いろんな患者さんを診ていて思うのは、あきらめちゃダメだっていう、何だか基本的な人間としての考え方です。次々と新しい治療法や研究が進み、美容医療の進歩には目覚しいものがあります。アメリカなどの学会を見ていても、化粧品などの進歩も驚くほどです。

その情報をできる限り提供し、お肌のトラブルで悩んでいる方が正しい解決法を知って自信と輝きを取り戻す、そんなお手伝いをこれからもしていければと思っています。
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します