Profile旧サイトコンテンツ

☆ 美容のレーザー治療 ☆

美容医療にはたびたびレーザーが登場してきます。レーザー脱毛、シミやアザを取るレーザー、ほくろやイボもレーザーで治療が出来ます。今回はこのレーザーという治療機器についてちょっと詳しく解説してみましょう。

LASERは、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字を取って作った造語で、直訳すると「誘導放出による光の増幅」という意味になります。なんだか難しい説明ですね。私達が普段目にしている光は様々な波長を持つ光によって出来ています。それぞれの波長には色があって、物の色というのはそれが吸収する波長によって決まってくるんです。

レーザーは、ある一定の波長の光だけを集めたものなので、一定の色や性質を持っています。例えば、黒いものに選択的に反応したり、ある一定の組織だけと選択的に反応したり。
そういう性質を利用したのが、レーザー脱毛であり、アザやイボを取るレーザー治療です。


レーザーというと破壊兵器みたいで怖いというイメージをもたれている方もいるかもしれませんが、便利な道具という認識が正しいと思います。もちろん、使い方によってはとても危険なものにもなりますが、上手に利用すれば体に優しい治療ができます。

例えば、レーザーメスと普通のメスを比べて、勿論用途によって良し悪しはありますが、レーザーだと出血を少なくできるというメリットがあります(止血作用がある)。また、人間の手では難しいミクロン単位の治療も精密なレーザー装置なら可能にもなります。

ただ、シミやアザ、ほくろなどを取るのに、レーザーが使える場合とそうでない場合がありますので、しっかりとした診察を受けることをお勧めします。
 

Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します