Profile旧サイトコンテンツ

☆ 医療レーザー脱毛 ☆

ムダ毛の悩みを持っている人は本当に多いです。私のクリニックでも非常にたくさんの患者さんがレーザー脱毛の治療を受けています。

多くの患者さんと接していて、医療レーザー脱毛の意義として二つの大きな要素があると思います。一つは、ムダ毛のコンプレックスやムダ毛処理の煩わしさから開放されるということ、もう一つはムダ毛処理でお肌を痛めてしまうことを予防するということです。


まず初めに、レーザー脱毛の効果に疑問を感じていらっしゃる方に治療のご説明をしておきましょう。レーザーというのは、同じ波長を持つ光の集まりで、特定のものに反応したり特定の色を持っていたり、その波長であるがゆえの性質を持っています。脱毛で使用するレーザーは、黒い物質に反応して熱エネルギーを発生する性質があり、毛根にだけに反応して毛を作り出す組織を一緒に破壊してくれるのです。

ということは、黒い毛でなければ永久脱毛としての効果が得られないのでは?と思われるでしょう。そうなんです。産毛などの透明や白い毛には反応しないので効果がありません。
逆に、色素沈着した組織や強い日焼けした肌には、レーザーを当てられません。皮膚組織まで熱を発生して火傷を起こしてしまいます。

全然効果がなかったというような話も聞きますが、ちゃんとした脱毛用レーザーを使っていたのか、出力が適切だったかというような初歩的な知識の欠如から来るものだと思います。

ムダ毛の処理としては、カミソリや毛抜きで処理することがほとんどだと思いますが、肌に良くないのは誰でも良くご存知だと思います。炎症を起こすというのは、お肌にとってとてもマイナスです。お肌の老化を早めてしまうのです。そういう意味で、特にワキなどのいつも処理しなければいけない部位のレーザー脱毛は意味があると思います。

最後に、脱毛というと夏というイメージがありますが、紫外線が少なく肌の露出も少ない冬のうちに脱毛するというのは私としてはお勧めです。

⇒永久脱毛・医療レーザー脱毛について
 

Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します